「バジル」をどう食べるか!?

採るだけファームで収穫できる作物がだんだんと増えてきました。

今回は、『バジル』について。
採るだけファームには、たくさんのバジルが植わっています。コンパニオンプランツといって、自然農で作物を育てる上でとても大切な役割を担っています。(コンパニオンプランツ⇒とても面白いのでまた後日、ブログで取り上げますね)

ちなみに、お花が咲くと「トウ立ち」といって葉がとても固くなります。
お花がついた枝は、観賞用にどうぞ。

あしらいとしてお料理に添えたり、トマトやチーズなどとあわせ香りを楽しんだり、
ちょっとあると贅沢なバジルですが、たくさんあると使い道に困る。。。

そんな「バジル」をどう食べるか!?

やはり王道は「ジェノベーゼ」でしょうか。
松の実や、にんにく、オーリーブオイル等、風味が豊かで美味しいですよね。

私のおすすめは、葉をそのまま冷凍保存です!
しっかり水気をとり、たっぷりの空気と共にジップロックなどの袋に入れて冷凍庫へ。
バジルの風味を保ったまま保存でき、必要な量だけ取り出して使うことが出来る、
さらに凍った状態で袋ごとクシャっとにぎれば、粉末バジルが簡単にできます。

他にも、
私はまだ未トライですが、塩漬けや、オイル漬け、酢漬けにしたり、醤油や味噌に漬けたり、調味料としてあらゆるお料理に使えるそうなので、ぜひ試してみて下さい。

↓↓写真は、
スーパーで買ってきたマルゲリータに、
ミニトマトと冷凍バジルの葉、自家製のバジルandアンチョビのペーストをトッピングしたもの。300円のピザが3倍ぐらいゴージャスに美味しくなりました!

Follow me!